農業体験とビオトープ生き物調査を通じた都市と農村交流 / 福岡県京都郡みやこ町犀川大熊

ビオトープ

春の気温上昇と共に、ビオトープのオタマジャクシは元気に泳ぎまわっています。ヤマアカガエルのオタマジャクシだと思います。3月23日、第9回ふくおか水もり自慢IN京築が、西日本工業大学おばせキャンパスで盛大に開催され大勢の穂との前で、くまわり会のビオトープについて活動報告をしました。

RIMG5336.JPGRIMG5335.JPGスローラボ主催の里山学校の舞台として、くまわりファームのビオトープや、くまわりファームのネギの圃場を提供しました。とても有意義な活動に協力することが出来て満足です。

RIMG5278.JPGRIMG5262.JPG今年もキラキラ星幼稚園の皆さんがくまわり・ビオトープに来ました。今日もとても暑い日でしたが、元気のザリガニやバッタ、などを取って走り回り、泥んこ遊びをしていました。

RIMG5103.JPGRIMG5102.JPGRIMG5101.JPGひさしぶりにビオトープ・GEN田の様子をお知らせします。とてもよい風情です。ハンゲショウの花が群生しています。

RIMG5064.JPGRIMG5062.JPGRIMG5060.JPGビオトープの中の調査。

RIMG5043.JPGRIMG5042.JPGRIMG5041.JPGRIMG5040.JPG今度の日曜日皆さんの交流する予定のビオトープの写真アップします。第1ステージは田植えをしています。第2ステージは草が茂り、第3ステージは蓮の葉が茂っています。17日はお待ちしています。

RIMG4958.JPGRIMG4957.JPG紫の海が土色に変わっています。大熊の里もいよいよ田植えの準備が始まりました。今年は6月17日が田植え祭りです。皆さんの参加心からお待ちしています。尚案内の葉書まもなく出す予定です。

RIMG4942.JPG大熊の地は今レンゲの花が盛りです。毎年この時期はレンゲの花が満開です。今年は少し花の時期が送れて、レンゲの芽立ちが悪いために、すき込んでしまった圃場が少しありますが、それでも綺麗なレンゲの風景が広がっています。5月になると田んぼの肥料のためにすきこんでしまいますが、これも美味しい米作りのためです。ことしのくまわり祭り・田植え祭りは6月17日の予定です。また改めて連絡します。

ビオトープ本家の第2ステージの、水が枯れていました。早く気が付いて本当に良かったです。たくさんのオタマジャクシを死なせるところでした。取水口にごみが溜まり、水が補給できないことが原因でした。少し気を抜くとトラブリます。自然が相手いつも気にかけないといけません。反省反省です。

今年も『まちとむらネットワーク』の交流会に参加しました。多くの団体の活動は刺激にもなりますし、参考にもなります。活動資金の支援も含めとても「まちむら」にはお世話になっています。今年度も一応活動が終了しました。24年度の申し込みを行いましたので支援を期待しています。

くまわり会
福岡県京都郡みやこ町犀川大熊
0930-42-0625(緒方厚一宅)
webmaster@kumawari.jp