農業体験とビオトープ生き物調査を通じた都市と農村交流 / 福岡県京都郡みやこ町犀川大熊

冬の整備

ビオトープの整備は冬の定番作業です。今年も2月に入り日曜日には隔週で整備をしています。山赤ガエルの産卵がとても多くなり、たくさんの卵魁が出来ています。よく観察すると小さな小さなオタマジャクシがたくさん生まれじっと寒さを耐えています。春の訪れで水が温かくなるのを待っています。ビオトープんパ是はイノシシやシカの散歩コースであり猪の遊び場としてすぐに原型がなくなるほどです。そうすると水が干あがり、オタマジャクシが生きていけない環境になります。そんなことにならないようにビオトープの管理を続け多くの蛙の命を守るくまわり会です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 冬の整備

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ecokura.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1271

コメントする

くまわり会
福岡県京都郡みやこ町犀川大熊
0930-42-0625(緒方厚一宅)
webmaster@kumawari.jp