農業体験とビオトープ生き物調査を通じた都市と農村交流 / 福岡県京都郡みやこ町犀川大熊

寒くなりました。

一年活動してきましたが今は寒い季節となり、ビオトープもなんとなく寂しくて賑わいが少ないようです。よく診ると小さな生き物も居ますがナツの湧き上がるような賑わいは夢物語です。それでも後1月もすると、新年早々には、ヤマアカガエルが産卵し卵塊が見られます。新しい命がまた生まれてきます。今年は佐渡のビオトープを18名の組合員で見学視察に行きましたが、私たちの取り組みに取り入れてみたいことがありとても良い研修が出来ました。日本一長いビオトープも出来れが記録を更新してこちらに作りたいと思いました。佐渡の取り組みは、トキを頂点とした食物連鎖の輪がとても魅力ですが、私たちの地域にもそれに変わる特徴的なものがないか頭を使いたいと思います。地域のビオトープの里にして地域づくりをしていきたいとプランを立てていますが、毎年毎月が積み重ねと思います。楽しい活動として毎日が通過点と考え来年以降も続けて生きたいと心新たに考えています。今年はこの活動で、大分農業文化公園・昆虫館の三宅先生。北九州いのちの旅博物館の真鍋先生。九州工業大学の伊東先生。北九州市山田緑地の梅野先生。等多くの方々と交流できました。今までも沢山の方々の意見を参考に活動してきました。私たちの活動を暖かく今後も見ていただきたいと希望しています。来る新しい年も皆さん宜しくお願いします。冬はビオトープをバージョンアップする時期です、寒い時ですが頑張りましょう。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 寒くなりました。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ecokura.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/457

コメントする

くまわり会
福岡県京都郡みやこ町犀川大熊
0930-42-0625(緒方厚一宅)
webmaster@kumawari.jp