農業体験とビオトープ生き物調査を通じた都市と農村交流 / 福岡県京都郡みやこ町犀川大熊

事例発表

くまわり会、農事組合法人くまわりファーム、2つの団体と大熊区にはあと一つ、国が進める事業の組織として、農地・水・環境保全向上活動に対応する団体として、大熊資源保全実行委員会という組織があります。ややこしいと思いますがこの3つの組織が立場を変えながら大熊の地域保全のために活動しています。

この3つの団体が協力しながら取り組んでいる、地域活動について事例発表を行う機会がたくさんありました。
生き物調査や、ビオトープ設置や運営の活動について、またくまわり会の活動について、9回の発表機会がありました。2月行橋市、3月福岡市2回、7月熊本市、8月佐賀市、9月岡垣町、10月北九州市2回。多くの発表の機会を得て活動に自信がついてき始めたところですが、小の活動をさらに魅力のアル活動企画の高めていきたいと考えています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 事例発表

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ecokura.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/219

コメントする

くまわり会
福岡県京都郡みやこ町犀川大熊
0930-42-0625(緒方厚一宅)
webmaster@kumawari.jp