農業体験とビオトープ生き物調査を通じた都市と農村交流 / 福岡県京都郡みやこ町犀川大熊

HP活用論。

くまわり会のHPを開設して1年が過ぎましたが、書き込みを始め当初描いていたような活用はできていないように思います。くまわり会の会員は70から80家族いますが、その方々でどのくらいの方がこのHPやブログを見ているかも良くつかめていません。会員の意見交換の場にして色々なアイデアを活用するようなイメージで解説しましたが今年はまだその入口にすらたどり着いていないように思います。しかしこのような交流の広場を作ったことはとても大きな進歩であることも確かなことですからこれはこれで今年の大きな収穫であり、大きな第1歩だと思います。今年のくまわり祭りに一人HPを見て祭りを知り単身参加していただいた方が居ます。今までは口コミで参加者を得ていましたが、HPを見て参加していただいたのは初めてのケースです。記念すべき参加者は前田さんと言う方ですが、秋の刈り取りに参加して、餅つき祭りにも再度参加いただきました。詳しい話を聞きましたが、なんと田主丸の方から紹介を受けてとのこと。もちろんその方を私どもは知りませんが、このHPでくまわり会を知り、嘉穂郡の前田さんに紹介したようでした。思わぬところで色々な人が見ていることを強く感じました。私たちの母体は、ご存知のとおり農事組合法人くまわりファームというお百姓さんの集まりです。地域に根ざした活動の中から生まれた郷土愛と、自分たち人間のために必要なビオトープ創生活動に今後も熱いご支援を宜しくお願いします。私たちも農業を知らないかたがに、農や、食や、田舎を少しでも伝える活動として、来年以降も取り組むつもりです。その第1歩として、私たちのHPにぜひ訪問して下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: HP活用論。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ecokura.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/461

コメント(1)

こんにちは。
この年末、引っ越し(仕事の拠点を完全にこっちに移しました)をしたため、他のことが何も出来ずに過ごしています。

現状、確かに十分な活用は出来ていません。
が、1名で2個のブログで出来ることは十分にやっておられ、今後はもっと更新される人も増やしつつ、ブログ同士の連帯なども考慮する必要があります。
(ちなみにアクセス数は、開設当初より記録しているので、分析可能です。)

また、会員交流を考えると、掲示板やSNSなども望ましいのでしょう。

ところで筑後の方でブログ研修をやっていますが、そこでは農家を中心に30名の受講生がいて、それぞれ初心者ですが、ブログを作って連帯して発信しています。
外に向けた発信も30個のブログが束だとより効果がありますし、それと同時に見知らぬ間だった30名の横交流も生まれ、いい感じです。

来年は京築で同じような研修が出来ないものかと画策しています。

コメントする

くまわり会
福岡県京都郡みやこ町犀川大熊
0930-42-0625(緒方厚一宅)
webmaster@kumawari.jp