農業体験とビオトープ生き物調査を通じた都市と農村交流 / 福岡県京都郡みやこ町犀川大熊

2月21日とても晴れた冷たい空気の気持ちよい朝でした。ビオトープの整備のためにみんなで作業をするために集合しました。氷の張ったビオトープ。でもその下にはすごいカズのおたまじゃくしが泳いでいました。ヤマアカガエルが1月に生んだ卵が元気におたまじゃくしに変わったものです。毎日白鷺や、青鷺が食べにきますので、直ぐに減っていくと思いますが、今年は今までのトシに比べおたまじゃくしがすごく多いので、生き延びる者も多いと期待しています。そのほかの生き物もきっと静に息を潜めていると思いますが、まもなくするとビオトープも賑やかになると思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ecokura.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/543

コメントする

くまわり会
福岡県京都郡みやこ町犀川大熊
0930-42-0625(緒方厚一宅)
webmaster@kumawari.jp